日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>今なら無料トライアル実施中!

財形貯蓄

財形貯蓄を職場でやっています。

給料から天引きという形で、半強制的に貯金するので、なかなか貯金が増えない、という方におすすめの方法です。

その財形貯蓄をしている金融機関を変更することに。

理由は、職場の近くにある、金融機関が、窓口業務をやめてしまうため。

なので、新たに財形貯蓄をする金融機関として出てきたのが、ゆうちょ銀行。

こういう時、全国津々浦々にある、というのは強いですね。

そして、財形貯蓄をしている金融機関を変更するにあたり、トラブルが発生。

財形貯蓄を解約するために、財形貯蓄をしている金融機関に届けている印鑑が必要になったのですが、私が届出している印鑑だと思ったのですが、それが違うと、指摘されたんです。

同じような体験をした方もいると思いますが、こういう時って、金融機関の窓口って、非常に事務的な対応をしますね。お金を扱っているとなると、致し方がない部分もあるとは思いますが、もう少し何とかならないかと思う時があります。

ただ、一方で、いざお金が必要になった場合でも困ることのないよう、税金などの知識は持ってないといけないのかな、そんなことを思ったりもしました。


【FANTAS study】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする